少量のカフェインに、職場の倫理観を向上させる効果

米ワシントン大学で組織行動学を教えているDavid Welsh教授は次のように語りました。

『仕事で睡眠不足になっている時に、上司からの非倫理的な指示に従いやすくなります。疲れ果てていて抵抗しにくくなるからです。
しかしながら、私たちはカフェインが非倫理的な行動に抵抗するためのエネルギーを与えることを発見しました。』

では疲れきった従業員が非倫理的な判断をしないようにするにはどうしたら良いのでしょう?

 

職場にカフェイン飲料を用意すること。

スケジュール管理、残業時間制限、頻繁な休憩時間などで長時間労働をなくすこと。

長時間労働が避けられない状況の時は、自己統制が必要なタスクを課すのを避ける。

 

職場での昼寝や睡眠の重要性を説く講習を実施する。


「睡眠不足がもたらす影響についてもっと考えなくてはなりません」と、ノースカロライナ大学で組織行動学を教えるMichael
Christian氏は言います。

企業は、よく働き、結果を出すには、睡眠を取らずに働くことが必要であるという神話を作り上げています。

しかし、研究から睡眠不足は個人にとっても、企業にとっても、良くないことが改めて示されました。

精神論で徹夜するような社風は「百害あって一利なし」ということです。
http://www.kenan-flagler.unc.edu/news/2014/04/Sleep-study-release

最近は、給料を下げる事ができないため、休憩時間を短くして働かせようと考える企業も少なくありません。

しかし、それによりサービスや仕事の質を下げてしまっては何の意味もありません。

例を上げれば、高速バスの無理なシフトで運転をさせ、大きな事故を起こしてしまえば、会社自体が潰れてしまう事だってあるんです。

質の良い成果を求めるからこそ、1杯のコーヒータイムが必要なんです。

アンダーザセイムスカイのおいしい自家焙煎珈琲でホッと一息ついてみては、いかがでしょうか?