低い自尊心から自分を解放しよう

自尊心とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度のことを言う。

つまり自分自身に対する自信のことだ。

「どうしたら自分に自信がもてるようになるのだろう?」 そう考えたことはないだろうか?



自信なんてものは、そう簡単にもてるものじゃない。

簡単に切り替えたり、すぐに覚えられる単純なものでもないし、外部からどうこうできるものでもない。

じっくり時間をかけて育み、自分自身を心から信頼する内面的な問題なのだ。

そこで初めて自尊心というものは生まれる。



自尊心は、自分自身に対する感情的評価である。

「あなたはあなたという人間を愛しているか?」

「 自分自身を信頼しているか?」

「 あなたがなりたい自分になる為の自己投資をしているか?」

「 自分の意見を尊重しているか?」

「 あなた自身の価値とあなたの根本的方針が一致しているか?」

など、すべては主観的なものだ。



人生においてさまざまな場面に直面したとき、あなたは心の中で上記のような問いかけをしなくてはならない岐路に立つことがあると思う。

その先に取るべき道がふたつある。

その選択によって充実した人生につながるか、果てしない苦しみにつながるかが違ってくる。



苦しみへの道

自尊心が低いと、間違った道を選んでしまうことが多い。挫折と不幸の連鎖を繰り返すことによって、どれほど傷を広げているかに気づかない。 

1. 自分を愛せない。  

自分の欲しいもの、したいこと、欲求を抑え込み、自分の意見を押し殺して嘘をつく。

恐怖のあまり安全地帯から抜け出そうとせず前に進もうとしない。

他人は自分よりも要求が多いといつも思っている。 

2. 自分はだめだという評価ばかりする。  

努力しなかったせいで失敗したのに、失敗した過程でなく結果について自分を責める。

自分を恥じ、弱くて無力だと言い訳して、起こるかどうかわからないことを心配しすぎ、自分を分析しすぎる。 

3. 無意識のうちに自分には価値がないと思い込み自分をおとしめる。  

誰も本当の自分など好きになってくれない、愛される価値のない人間だとと思い込む。

自分の本質を隠し続けているうちに、本当の自分である感覚を失う。

自分の能力を信じようとせず、自分の望みなどかなわず、負け犬のままで人生を終わると思い込む。


自由への道

正しい道を選択すれば、自尊心が得られ、自分を解放できる。少し勇気がいるかもしれないが全ては自分の為、自分自身でしか選べない道だ。 

1. 自分を愛する

自分の欲しいもの、したいこと、欲求に従い、心の内を自由に話してみよう。

たとえ怖くても、安全地帯から抜け出すよう挑戦しよう。

他人を思いやる心を持ちながらも、自分の要求にそぐわない行動はせず、いつも素の自分をさらけ出そう。

自分が心を開かない限り、相手は心を開いてはくれない。時として相手は自分のあわせ鏡なのだ。  

2. 自分はダメだという評価はしない。

結果にかかわらず、努力すれば強くなれることを自分に示そう。

何かする前からダメだと嘆く前に、まず努力をしよう。

結果よりも諦めないで努力するその過程を重視しよう。

自分自身に正直になることに誇りをもち、元気を出そう。

良いことも悪いことも、起こった現実は受け入れ、そこから学んでいこう。  

3. 自分への自信は自分が生み出す。  

まずは「 偽りのない真の自分 」を第三者にさらけ出そう。

素のままのあなたは十分愛される価値のある人間なのだ。

他人の目を通じて真の自分という人間の存在感を感じることができ、自分そのもの、自分が大切にしているもの、自分の能力をも信じることができるようになるだろう。




後悔しても努力はしない、自信がないのに変にプライドが高い。

つい惨めな道を選択してしまう人は、自分の生まれつきの傾向というものをしっかり把握し、それがいかに自分にとって害を及ぼすかを覚えておこう。

戦う前に逃げ出すことは楽なように見えるかもしれないが、長い目で見たら、あなたの自尊心が崩壊してしまうことになる。

これからは、自分を愛する道を選ぶこと。

自分自身を信用すること。


己の本音に嘘をつかない選択を繰り返していけば、自分の幸せを優先する習慣をつけられる。

あなたの成功は、外部からの騒音ではなく、正真正銘のあなた自身にかかっている。

ほかに影響されずに自分で結論を出せば、自尊心がもてるようになるのだ。

自分を愛し、尊敬し、しっかり信じれば、きっと自信をもつことができるはずだ。


under the same sky 『同じ空の下』