「自分にしてはいけない30のこと」⑩

マルクとエンジェルという二人ライターが書いている「人生を楽に生きるコツ」というブログから、多くの人々に共感されているものをご紹介してみます。

今回で最後になります。

28、.心配しすぎない
心配しても、明日の重荷が軽減されるわけではありません。
今日の喜びを奪ってしまうだけです。
それでも心配する価値があるかどうか、確認する方法が一つあります。
「その問題は1年間、3年間、5年間の長期間に及ぶことですか?」と自分に問いかけてみることです。もし答えがノーだったら、心配することではないのです。

28. Stop worrying so much.

Worry will not strip tomorrow of its burdens, it will strip today of its joy. One way to check if something is worth mulling over is to ask yourself this question: “Will this matter in one year’s time? Three years? Five years?” If not, then it’s not worth worrying about.


29、.ネガティブなことばかり考えない
起きてほしくないことではなく、自分に起きてほしいことを考えるようにしましょう。
前向きな考えを持つことこそ、多くの成功者の重要な要素なのです。
毎朝、「今日は何か素晴らしいことが起きる」と思っていれば、本来見過ごしていたような細かいことに注意を払うようになり、結果的に本当に良いことが起きることもよくあることです。

29. Stop focusing on what you don’t want to happen. 
Focus on what you do want to happen. Positive thinking is at the forefront of every great success story. If you awake every morning with the thought that something wonderful will happen in your life today, and you pay close attention, you’ll often find that you’re right.


30、 感謝を忘れない
幸運に恵まれていようが、なかろうが、自分の人生に感謝して毎朝を迎えましょう。
今でも誰かがどこかで絶望的な戦いを挑んでいるのです。
自分にないことを考えるのではなく、他の人にない、自分にある物のことについて考えましょう。


30. Stop being ungrateful.

No matter how good or bad you have it, wake up each day thankful for your life. Someone somewhere else is desperately fighting for theirs. Instead of thinking about
what you’re missing, try thinking about what you have that everyone else is missing.

It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.


心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってこと。
肝心なことは、目に見えないんだよ。


アンダーザセイムスカイ 『同じ空の下』