コーヒーの意外と知られていない話15



1.エナジードリンクよりもスタバのコーヒーの方がカフェインを多く含んでいる。


2.一日に世界で飲まれているコーヒーは20億杯以上。

3.コーヒーは石油に次いで世界で取引されている商品。

4.飲むなら朝9:30〜11:30ぐらいまでが健康によいとされている。

5.世界初のウェブカメラはコーヒーポットのチェック用に開発された。

6.コーヒー豆は実は「豆」ではなくて「種」。

7.スタバはコーヒー豆にかけるよりも社員の健康保険にお金をつぎこんでいる。

8.インスタントコーヒーは1910年頃にジョージ・ワシントン(! )という人によって発明されたらしい。

9.コーヒーを1杯飲むと、血行がよくなる。

10.「こんにちは」「お願いします」を言わないとコーヒーの値段がアップするカフェがフランスにある。

11.ニューヨーカーはアメリカの他の地域の人の7倍ものコーヒーを飲む。

12.54%のアメリカ人は毎日コーヒーを飲む。

13.もしあなたが8年7ヶ月6日間叫び続けた場合、その熱量はちょうどコーヒー1杯を沸かすのと同じ。

14.スタバのオープン当初は煎ったコーヒー豆だけ売っていた。

15.「コーヒー」とはもともとはアラブ圏の言葉で「豆のワイン」の意味


自家焙煎のおいしいコーヒーをお求めの方はコチラからどうぞ!



アンダーザセイムスカイ 同じ空の下